長柄町でのオリ・パラ機運醸成事業が千葉日報に紹介されました。

はじめに

ミライノラボでは、長柄町がロシアのフェンシングチームのホストタウン受け入れをすること(事前キャンプは中止)に伴って、東京2020オリンピック・パラリンピックの機運醸成に取り組んでまいりました。

その一環として、学生研究員とプロのデザイナーの協働でロシアフェンシングチームの応援グッズの制作を行いました。

記事の一部引用

「手作りグッズ送りロシアチーム応援 キャンプ中止の長柄町」

「長柄町は東京五輪に出場するロシア・フェンシングチームに応援旗、手ぬぐいなどを送った」

「同町立日吉小、長柄小、長柄中でそれぞれが観戦時に使う予定だった小学生の小旗、中学生の手ぬぐいと、手作りの横断幕を持ち、応援する気持ちを込めて写真を撮影。グッズと一緒に届ける。」

長柄小学校での様子

日吉小学校での様子

長柄中学校での様子

おわりに

ミライノラボでは、今後もオリンピック・パラリンピックの機運醸成・レガシー創出を目指した取り組みを実施していきます。

続報をお待ちください!