第2回牛久商店街活性化定例会を開催しました

千葉県市原市にある牛久商店街は、地域おこし協力隊の高橋洋介さんや牛久みらい会議が中心となり、小湊鉄道利用者への「出張牛久商店街」といった新しい取り組みにチャレンジしています。

市原市地域おこし協力隊、活動中(市原市)

 

少子高齢化や地域商業を取り巻く環境が変化するなか、こういった若手メンバーを中心とした牛久商店街のまちおこしを市原市や市原商工会議所と一緒にミライノラボもチームの一員となってサポートしています。

令和元年度は観光客の方々、住民の皆様、そして商店街で事業を営む経営者の皆様に学生がヒアリングを実施し、将来のあるべき姿を一緒に考えていくことになっています。

台風15号の影響もあり開催が危ぶまれましたが、第2回目の定例会には多くの関係者の皆様にお集まりいただき、学生も交えてディスカッションをしました。

当日はちょうど小湊鉄道のトロッコ列車の運行日で、出張商店街も賑わっていました。

 

私たちもまだまだ牛久商店街のことを知り始めたところですが、これから牛久未来会議のみなさんと一緒に調査検討を進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。